ドクターフィッシュの足湯って? 〜ドクターフィッシュセラピーとは〜

ドクターフィッシュとは、コイ科の淡水魚「ガラ・ルファ」の通称です。
「ガラ・ルファ」は、人の古くなった皮膚(角質)を
吸い取るようについばむ習性があります。

そのため、古い角質が原因でおこる皮膚疾患(アトピー性皮膚炎やニキビなど)の治癒に効果があるとされ、ドイツでは皮膚病の新療法として国が認めるなど高い効果が注目されています。

こうして、角質を食べる小魚「ガラ・ルファ」が
「ドクターフィッシュ(魚のお医者さん)」の通称で呼ばれるようになりました。

ドクターフィッシュは、37℃程度の高い水温でも生息できるため、
トルコなどの温泉にも生息しています。
その特性を生かし、日本では、一部の温泉やスパ施設で、
ドクターフィッシュを使ったフットバスメニューが取り入れられました。

ドクターフィッシュを使った足湯も、フィッシュセラピーとして、
癒しを求める人たちの間で人気を呼んでいます。

ドクターフィッシュの効果は?

     
 ↑ドクターフィッシュはインターネットで販売される程の人気!


☆ドクターフィッシュの足湯が体験できる施設☆
【湯河原】 ◆ 癒しの森 ルピナス
 

ドクターフィッシュの足湯の効果

ドクターフィッシュは、現代医学では治療法が見つかっていないとされる
乾癬(かんせん)病などの皮膚病を治す効果があるとされており、
ドイツでは医療機関の治療カリキュラムにも取り込まれるほど、
欧州では認知されていると言います。

実際に、トルコやドイツでは治療を受けた多くの人に効果が現れているそうです。ただ、まだ解明が進んでいないため、医学的根拠は分からないと言われています。

歴史的に見ると、ドクターフィッシュは、世界三大美女の1人であるクレオパトラが寵愛した魚として古くから知られています。

ドクターフィッシュは、歯のない口で角質をついばんで食べるため
痛みは全くなく、最初はくすぐったさを感じます。
次第に心地よい刺激を受けている感覚になり、
その刺激によって皮膚の代謝を促進させる効果があると言われています。

また、ドクターフィッシュの姿がかわいいことや、
肌をついばむ心地よい刺激によるリラクゼーション効果も期待できます。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。